楽天証券が米国株式18銘柄を新規取扱い開始…だがしかし

どうも、ひろせんです。

楽天証券が本日より米国株式18銘柄を新規に取扱い開始した。
【米国株式】ネットワークセキュリティ関連企業など、18銘柄の取扱い開始!

ネットワーク関連銘柄などが中心だが、バイオや飲料なども何銘柄か追加された。

スポンサーリンク

しかし既にある優良銘柄と比べると…

ざっと見てみたが、自分で投資したくなるような銘柄はほとんどない。

ネットワーク関連銘柄やバイオ系はそもそも赤字のところが多いし、黒字のFTNT(フォーティネット)などはPERが200倍ほどある。最近上場した銘柄は情報も少ない。

中国企業のMOMO(モモ)などは伸びも凄いが、どうも投機性が強い気がする。

 
強いて言えばビール銘柄のTAP(モルソン・クアーズ・ブルーイング)くらいか。ビールはタバコと同じくらい収益性に優れていると思う。

まぁしかしTAPに投資するくらいならBUDに投資するだろうな。

 
俺は当面ETFに投資し続ける予定なのでしばらくは個別銘柄に縁はないが、やはり個別株に投資するのであれば、既にある優良銘柄を選択する方が良さそうだ。

それにしても、なぜ楽天証券はRDS.Bなどの取り扱いをしないのだろう。楽天証券を愛用している投資家で、いくらでも買いたい奴はいるだろうと思うのに。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする