グッと進む円高

どうも、ひろせんです。

ドル円が109円台に突入した。

しばらくの間、110円と111円台でもみ合っていた感があるので、このままグッと円高方向に進むのではないかと考えている。

スポンサーリンク

グッと進む円高

先日の雇用統計の弱さもあり、史上最高値を更新した米国市場ではあったがドル円は本日、円高に振れた。

利上げやトランプ政権の影響など様々な要因はあるだろうが、明確なものは分からない。

 
個人的には107円台くらいまでググッと進むのではないかと感じている。別に理由は無い。ただの勘である。

6月のボーナスを控えるサラリーマン米国投資家たちの間には、ひそかに期待感が漂っている事であろう。頼むからボーナスが出るまでに円高に振れていてくれ。欲を言えば105円台くらいまで落ちてくれると買いやすい。株価は史上最高値圏だろうが、そこまで円高に振れてくれれば、こちとら5%割引程度の割安感なんだ。

6月は市場が下落しやすいという噂もある。俺も愛読しているバフェット太郎氏のブログでは、大統領選翌年の6月相場は83%の確率で下落すると言ったデータも扱っていた。

 
相場が順調すぎるので、投資家の間では恐怖指数を見るとどうだとか、セルインメイの本当の恐怖がどうだとか、そんな話が広がっている。どの話もそれなりに根拠があり興味深いが、俺たち30代くらいの若手投資家にとっては暴落しようが順調に上昇しようが、正直どちらでも構わないのだ。

暴落すれば投資効果がより高くなり、上昇すれば持ち株のキャピタルゲインが期待できる。どちらに転んでも利するのは、俺がまだ膨大な時間を擁しているからに他ならない。

 
むしろ俺はリタイア出来ずに50代くらいになってしまった時の自分が心配だ。給与所得は残り数年、期待できる総所得は既に総資産から見れば微々たるものかもしれない。この状態で市場の激しい上昇や下落に付き合っていたら、心の安寧など決して見いだせはしないだろう。

それまでに米国株投資のスキルを磨きつつ、少しの変動ではビクともしないくらいの資産を築いていたいものだ。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする