人生が40年だったらアーリーリタイアを目指すだろうか?

どうも、ひろせんです。

俺は基本方針として、アーリーリタイアを目指している。

目標は40代前半だ。独身のままリタイアするつもりではないので、なかなか条件は厳しい。

リタイアについて色々考えてはいるのだが、今日はふと思いついたテーマについて書いてみる。

スポンサーリンク

人生が40年だったらアーリーリタイアを目指すだろうか?

現代の人生は長い。現代の男は平均で80年以上生きるという。

自分に直せば、後50年弱である。今まで生きてきた以上に長いし、社会に出てからの年数を考えればおよそ今までの5倍ほどに当たる。

 
俺は働くのが好きではない。だからこそリタイアしたいのだが、そこでふと考える。

人生が40年だとすると、同じことを考えただろうか。

 
人生を40年だと考えると、俺の人生は既に3/4以上終わってしまったことになる。

そう思うと少し悩む。残りわずか10年足らず…それを「働かない人生」目指して進むことに意味はあるのだろうか。

 
もし人生が80年だとすると、3/4という地点は60歳だ。もちろん、そんな境地に立って考えたことは無かったが、もう自分の生き様を振り返る頃なのかもしれない。

すると、俺は今まで何もしてこなかったのではないだろうか。

義務教育をそつなくこなし、高校、大学と進学した。就職後は思った通りに行かず職を変えたこともあったが、基本的には会社に従って歩んでいる。

それが今、人生の3/4を過ぎてしまったと考えると、正直惜しい気がする。俺は自分のやりたいように生きているのだろうか。

 
おそらくだが、人生が40年だったら30歳をいくつか過ぎた今、アーリーリタイアは考えないだろう。

というよりは、残り数年という状態でアーリーもクソもないというのが本音だ。もう少し何かしていたい。欲を言えば、自分が何か打ち込めることに注ぎたい。

 
残り10年であれば、10年間を一つの事に注ぎたい。性格的なものかもしれないが、職人系に進んだら面白そうだ。

10年という歳月は傑作を生みだすには足りないかもしれない。もし出来たら御の字だが、足掻いた挙句出来ないものはしょうがない。諦めが付くだろう。

 
もしリタイアするとすれば、残り2年ほどで十分だ。資金に余裕があれば世界を旅行し、色々なモノや人々を見て回る。また遺跡巡りで人類のルーツを想像するのもいいだろう。

見て回って、満足したら訪れる死を待つのも乙なものかと思う。

 

でも十分なはずの残り2年は、人生80年に直すとたった4年である。すると急に4年では少なく感じる。

俺は欲張りなのだろうか。まだ時間があると思うと、逆に足りなく感じる。

 
結局、人生をどんな風に考え、どう過ごすかはそいつ次第なのかもしれない。そして突き詰めた考えは、結局のところ他人にはどう考えても理解できないのであろう。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする