あれは夢ではなかったらしい

どうも、ひろせんです。

5月の副業への取り組み状況の記事で、楽天で10万円程の売り上げが出たがキャンセルに合ったという事を書いた。

しかし、嬉しいことに勘違いであったらしい。

スポンサーリンク

懐に入るタイミングくらい把握しておけ

今朝確認したら、今月の反映タイミングでその売り上げによるポイントが入る予定になっていた。

自分への戒めのような文句であるが、やはり収益化を考えながらブログを運営しているのならば、売り上げが懐に入るタイミングくらい把握しておかなければならないだろう。

それなのにもかかわらず、反映されるのが遅いのを勘違いしてキャンセルされたと書いてしまった。

買ってくださった人には本当に申し訳なく思うと同時に、感謝の雨あられ状態である。

 
楽天で10万円を売り上げると、自分に入るポイントは1000ポイントほどだ。

1000ポイントと言えば、俺が毎朝コツコツ積み重ねているハッピープログラムでの収益の2カ月半分に当たる。そう考えると非常にありがたい数字である。

1000ポイントはおよそ1000円と等価であるが、こんな事があるとちょっと考えることがある。

 
 
俺は1000円のありがたみを十分に理解したうえで、金を使っているのだろうか。

 
 
1000円あれば色々できる。今どきなら髪を切ってくれるところもあるし、節約食なら10回分くらいイケる額だ。

電車に乗れば、はるか遠くまで行けるし、贅沢に温泉に入ることだってできる。様々な動物や植物、海洋生物を見る経験を買う事も可能だ。

 
しかし日々の中での1000円は、何気なく使ってしまう金額でもある。

ふと入った喫茶店で使ってしまったり、流行に乗って要らないものを買ってみたり。飲み会ではその何倍も出ていったりする。

 
自分で稼ぐとお金の尊さがわかると言うが、実はサラリーマンの給与として稼いだお金は半分くらいしかその尊さが分からない気がする。

本当の意味で自分で稼いで、初めてわかる価値がある。

 
読者の中にも、収入が給与だけだというサラリーマンは多いだろう。試しにちょっとブログでも初めてみて自分で実際に稼いでみると、いつももらう給料の額がいかに大きいかという事を実感するかもしれない。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする