これから取り組むアフィリエイト戦略

どうも、ひろせんです。

より稼ぐためにアフィリエイトに本格的に取り組むと言っても、やみくもに挑むのでは途中で挫折するのがオチだろう。

どんな戦略を持って取り組むのか、ここ一週間ほどでリサーチし、検討した。

スポンサーリンク

最初に挑むのはペラサイトによるサービス系アフィリエイト

一言にアフィリエイトと言っても、色々な形態がある。

ブログ型アフィリエイト、サイト型アフィリエイト、メルマガアフィリエイト、SNSを使ったアフィリエイト…実に様々だ。

このブログのように株式主体の記事を書きつつ、証券会社や銀行、投資サービスなどを紹介し、広告収入を得るのはブログ型アフィリエイトに分類されるだろう。

 
ここまで書いたが、もし「アフィリエイト」という単語に馴染みが無い奴がいれば、「商品・サービスを紹介し、その紹介料をもらう事」だと考えてくれればいい。

 
広告収入も大きく分けて2種類ある。グーグルアドセンスをはじめとする、「クリックすれば広告代が入るタイプ」と、例えば紹介した証券会社に誰かが資料請求し、口座を開設したら広告代が入る「成果報酬タイプ」である。

当然だが、アドセンス型の収入は単価が低い。だがクリックされればいいので、収益は出やすい。それに比べて成果報酬タイプのモノは、単価が高い。しかしそこまでのハードルが高いので、収益は出にくい。

 
さて、ここまで簡単にアフィリエイトの説明をした。次に俺が取り組む具体的な戦略について説明していく。

 
この1週間、アフィリエイトについて色々とリサーチした。その結果、俺は、ペラサイトによるサービス系のアフィリエイト戦略に挑むことにした。

 
ペラサイトというのは、1ページから数ページで構成されるサイトを言う。サイドバーやメニューバーなどは存在せず、商品・サービスを売る事に専念したサイトである。

狙うのは成果報酬タイプだ。これはザックリ分けると、物販系とサービス系に分類できる。物販系とは、例えばある化粧品を紹介して購入されたら報酬が発生するタイプであり、サービス系とは「引越し見積もり一括サイト」のような、見積もり依頼があった時点で報酬が発生するタイプである。

これはよく考えれば、当然ながらサービス系の方が報酬が発生しやすい。なぜなら、依頼者の財布からお金が出ていかないからだ。

しかしながら、欠点もある。同じことは多数のアフィリエイターも考えるだろう。つまり競争が激しいのだ。

 
ペラサイト戦略については色々な意見があるようだ。アフィリエイトサイトが増えた今、ペラサイトは通用しないという意見も多数ある。

また、1ドメイン1ページのようなやり方をすればコストもかかる。

 
しかしあえてこの戦略を選ぶ理由は、サイト制作のスキルの向上とリスク分散の観点からだ。

俺はブログを作ったことはあるが、商品・サービスの紹介に特化したサイトは作ったことが無い。多くのサイトを制作すれば、そのスキルも上がってくるだろう。スピードも上がるはずである。

そうすれば、他に売れそうな商品やサービスが登場した時に素早く質の良いサイトが作れるようになるだろう。
 

また、例えばひとつのサービスに特化したサイトを作り、延々更新し続けても、そのサービスが終わってしまうという事もある。サービスだけではなく、その業界自体が衰退してしまう事だって考えられる。

この辺りで株式投資の考えが生きてくる。大きく儲けようと思えば1銘柄に集中投資する方法もあるが、当然リスクも高い。

分散投資が基本なのは、リスクを取って大きく儲けるよりも市場に長く居続けた方が、リスクを低くしたうえで儲けられるからである。

 
具体的な目標としては、1日1サイト、週1休みで月25サイト、4カ月で100サイトの制作を目指す。期間は今日から4カ月後、10/21までとする。

ペラサイト戦略の成果が出てくるのは、およそ3~6か月後からだと言われている。理由は、そのくらいの期間でようやくGoogleにインデックスされる(検索結果に反映される)からである。すると、100サイトの制作が終了した時点でも1円の報酬も発生していない可能性は十分にある。

だが、その場合でも俺が取るリスクは100個のドメイン代約13万円と、制作に使った時間くらいである。得られるのはサイト制作のスキルと、ひょっとしたら少々の報酬、そしてストックされた100の情報空間の不動産だ。そう考えれば、安いものだと思わないか?

 
この戦略を実践していく中で、面白いなと思った事や自分が知ってもらいたいことがあれば、また記事にしようと思う。もちろんメインは株式投資ブログなので、株の話題も時々書きたいと考えている。

 
それでは、今回はこの辺で失礼する。そういえば今朝は下がったが、相変わらず米国市場は好調のようだ。投資しているGoogleはEUから罰金など、悪いニュースもありちょっと不調だが、まぁ別に大した問題ではないだろう。

IBMはともかく、アルトリアが好調なのを見ると、やはり売却したのは失敗だったかなと思う。今から思えば、俺が売却したタイミングはむしろ絶好の買い時であった。

やはり俺には売ったり買ったりのセンスはなさそうだ。それよりは何とか収入を増やす方向を考えている方が幾分マシだろう。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. 米国株初心者 より:

    方向性がおかしくなってると思います。せっかく人気でてきたブログなのに。。。
    目先の利益にとらわれずに、この米国株サイトをつづけたほうが良い結果が
    出ると思いますよ。(アフェリエイト広告も特にはる必要もなく)
    お金は後からついてくると思います。

    • ひろせん より:

      米国株初心者さん

      コメントとご意見、ありがとうございます。
      私もたぶん、その道は正解のひとつだと思います。
      おそらく、これから米国株ブログは増えていくでしょう。投資に役立つ情報を発信するブログも当然、増えていきます。
      その中でひとつくらい、アフィリエイトで稼いで米国株投資に資金を回す事を目標とした、実践型のブログがあってもいいかもしれません。
      そして、「資産を増やすための一番の近道は収入を増やすことだ」という考えはこのブログを始める前からずっと持っているものです。

      私は色々な方針のブログがあっていいと思います。米国株初心者さんを否定するわけでなく、あくまで一つの考え方です。