Amazonの個人配送業者の囲い込みについて思う事

どうも、ひろせんです。

ヤマトをはじめとする大手宅配業者がAmazonとの取引を見直す中、そのAmazonが個人運送業者を囲い込んで当日配送サービスを維持する事を方針にしたようだ。

その未来がどうなるのか、少し考えてみる。

スポンサーリンク

奴隷化する個人運送業者

少し過激な見出しだが、個人的にはAmazonと提携した個人運送業者はAmazonの良いように使われる運命が待っているように思う。

理由は仕事の時間の大半を、Amazonのために割かなくてはならなくなるからだ。

 
当日配送サービスの維持という事は、その日の配達先や配達ルートは前日や当日の朝にようやく決まるという事になる。

すると他の配送予定は入れづらくなるだろう。ルートの途中に寄れるならばいいが、少し遠くに配達するような予定を入れてしまえばAmazonの当日配送に対応するのは難しいはずだ。

 
Amazonの配達サービスは日々拡大している。配達の個数が増えれば稼ぎも増える。すると、個人運送業者は仕事を求めてより深くAmazonに依存することになるだろう。

その場合、逆にAmazonからは離れ辛くなる。Amazonの仕事を辞めることは、路頭に迷う事を意味する。

 
ここまでくれば、Amazonはどんどん配送料金を下げることが可能になる。もともと米国の合理的な企業である。コストカット出来るところはカットするだろう。

すると個人運送業者はさらに多くの品物を配送し、収益を維持しようとする。結果、奴隷化した配送業者の出来上がりである。

 
そしてAmazonの目標は、さらにその先のようだ。ドローンやロボット、さらには一般人を利用した配達網を目指している。

とすれば、残った個人配送業者は今度はその配達網と仕事の取り合いになり、更に消耗していく。無償で働くロボットや、出かけるついでに少額で請け負う一般人が相手では、大きく稼ぐことは難しいだろう。

 
まぁ本当にそんな将来がくるのかはわからないが、いずれにせよ割を食うのはツナギ役の個人配送業者だろう。ロボットや一般人による配達が実現するまでにどのくらいの期間がかかるかはわからないが、この流れに加わるのはなかなかリスキーな選択だと思う。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする