株式投資とギャンブルは違うから!

どうも、ひろせんです。

今年入ってきた新人が、なかなか堅実な奴である。

先日も職場でギャンブルの話になった時に、「自分、ギャンブルは一切やらないんスよ!麻雀、パチンコ、株、競馬は手を出したことないんス!」と誇らしげに語ってくれた。

だが俺は言いたい。そのラインナップと株を一緒にしないでくれないか!

スポンサーリンク

株は投資にもギャンブルにもなりうる

勿論、株式投資が完全にギャンブルとかけ離れているとは言い難い。

仕手株やボロ株投資、不祥事で乱高下している銘柄などへの投資はギャンブル性が強い。

それらを扱い、短期で大きく儲けようとするのは間違いなくギャンブルだろう。

 
しかし株式投資の本来の目的は、会社の一部を所有し、その活動による利益の一部を得ることである。

その企業と一緒に自分の資金を成長させていくのが醍醐味である。

少なくても俺はそう思っている。その辺が麻雀や競馬、パチンコなどとは違うところだ。

 
新人は貯金も頑張っているようだ。

実家暮らしのため、放っておいてもガンガン貯まるらしい。

就職と同時に家を出た俺にとっては、正直羨ましい環境でもある。

 
そんな新人を見ていて思う。

俺も20代で貯金がガンガン貯まる状況に合って、尚且つ長期保有の米国株投資に出敢えていたらな…と。

 
長期投資だと、スタートが20代と30代ではゴール地点がかなり違う。

そういう目で見ると、貯金として資金を積み上げているその新人はとても勿体ない事をしているように思う。

 
しかしギャンブルだと信じ込んでいる奴に株式投資を勧めるのも、なかなか難しそうだ。

興味の無い奴に株式投資の魅力や、投資による資金の増加を説明すればするほど、うさん臭くなる気がする。

 
つみたてNISAなどで貯金から投資へと世の中は動き出しているが、そんな身の回りの状況を考えると一筋縄ではいかないだろうなぁ…。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする