ひろせんVS我が家の女インベスター

どうも、ひろせんです。

3月頃から米国株に投資を始めた我が家の女インベスター(嫁さん)であるが、

投資成績から見ると俺はボロ負けしている。

スポンサーリンク

嫁さんはインデックス投資家の理想形かもしれない

恥ずかしながら、俺の投資成績はマイナスだ。

主な原因は、米国株に資金を移した昨年12月頃が1ドル118円前後の円安時であったこと、IBMへの投資が上手くいかなかったこと、Googleへの投資も振るわない事が挙げられる。

まぁ要するにセンスがないのである。それは認めざるを得ないだろう。

 
嫁さんの投資方法は単純だ。

毎月5万円と、その月に得た残業代のうち一定の割合を給料日にドル転し、VOO、VTI、VYMの3種類に投資していく。

円安だろうがダウが史上最高値を更新しようが最低5万円分は購入し、円高や株安が重なっていればプール分から上乗せするという方法だ。

また、嫁さんの好意で初期投資として貯金の一部を投資に回してもらっている。

 
投資判断はどちらかというと俺がして、それをアドバイスする形を取っているが、今のところアドバイス通りに買ってくれている。

米国市場が好調なこともあって、半年ではあるが成績は結構なプラスだ。

上乗せする残業代分もバカにならず、投資額の面でも既に俺よりも上に行ってしまった。

 
そんな嫁さんだが、株価のチェックは1ヵ月に1度くらいしかしない。

教えてないので、ひょっとしたら売り方もしれないかもしれない。

嫁さんから株の話を切り出されたことも、この半年で数回くらいだ。

ある意味、肝が据わっている。俺から見ると、理想のインデックス投資家に見える。

 
最初の頃に、「もしかしたら投資で成功するのは嫁さんの方かもしれない」なんて書いたような気もするが、まんざら間違いでもなさそうだ。

嫁さんに比べ投資歴が長い俺としては負けたくない一心ではあるが、ある意味相手は市場平均と同じようなもんなので、勝つのは想像以上に難しいのかもしれない。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする